ストレスは、体に悪いと思いがちだが、かならずしもそうとばかりはいえません。

スポンサードリンク

いいストレスがある

ストレスでモチベーションを高める

体にとって本当の大敵は、絶えずあくせくすること。

 

わたしたちは、しょっちゅう、イライラしたり、悩んだりしますが、その多くは、実はまったくイライラしたり、悩む必要のないことばかり。

 

わたしたちがストレスを感じる原因は、9割がた、後から考えると、何であんなにストレスを感じたのかと思うほど、実に些細なことだったり、まったく取るに足りないことだったりします。

 

ストレスは、本質的によくないものという見方もありますが、ストレスにさらされるとかえって、発奮する、ストレスがやりがいに通じることもあるはずです。

 

うしろからわたしたちの背中を押し、さあ、立ち向かって行きなさいと、精神的にバックアップしてくれる大きな力になります。

 

ストレスはますます一般化してきて、職場で働く人の3人に1人は、抱えきれないほどのストレスに悩まされています。

 

ストレスがだんだんと若い人にも広がっています。

 

31才から45才までの年齢層の半数は、職場で精神的に参ってしまい、どうしていいか分からないと途方にくれています。

 

ストレスは男性より女性に影響を与えています。

女性の40%は、仕事か家族のために働き詰めに働き、へとへとの状態だと感じています。

 

ワーキングマザーは、ひとりで父・母の二役をこなさなければならず、それが女性の負担をますます重くしています。

 

ストレスにさらされることが多くなっていると、感じている女性は半数に上ります。

 

ストレスや今や、職場や社会的立場とは、関係なく、どのような人の身にも起こりうるものです。

 

自由業の人に比べると、従業員など使われている人のほうが、ストレスにさらされやすいことが、分かっています。

 

意思決定権が少なくなればなるほど、精神的負担は、ますます重く圧し掛かるといこと。

悩むか悩まないか、が問題

ストレスとの闘いのためにわたしたちがすることは、多くの人はただ精神安定剤を飲む。

 

この薬を軽く考えている人があまりにも多すぎます。

 

精神安定剤を飲めば、症状は消え楽になったように思えますが、ストレスの原因はなくなってはいません。

 

ストレスは今や、流行になり、わたしたちはストレスを、生活していく上で、マイナスとなる要因の代名詞のように使っています。

 

ある状況にたたされたとき、それを試練と受け止めるか、それともプレッシャーと感じるのは、わたしたち自身です。

 

ストレスにさらされるか、そうでないかは、ほとんどの場合、あなた自身が判断しています。

 

わたしたちがストレスと呼んでいるのは、本当は、やきもきすることや、あくせくすることがほとんど、あなたやわたしたちの体にとって一番の大敵は実はこれです。

 

このように考えれば、ストレスに立ち向かっていくのは、少なくとも最初のうつは、それほど難しくないように思えてきます。

 

ここ数日の間に緊張を強いられる場面があったとしたら、何が原因でそうなったのか、考えてください。

 

きっと後から思えば、何であんなに気が動転してしまったのかと思えるぐらい、ばかばかしいことが原因だったのではなかろうか。

いいストレス、悪いストレス

外界からの刺激にきちんと反応できるように、わたしたちの体を最もいい状態に保つのもストレスです。

 

ストレスにさらされることで、仕事や日常生活の中で直面する試練に立ち向かう準備が、わたしたちの中にでき上がるというわけです。

 

悲しみや、身近な人の死、差し迫った危険を乗り越える力を与えてくれるのが、ストレスといえます。

 

ほとんどのストレスは、わたしたち自身が原因です。

 

ストレスはわたしたちにやる気を起こさせ、試練を与えてくれます。

 

ストレスはいうならば、天使のようなものといえます。

 

ストレスの魔の手に乗せられて、わたしたちは、ついついストレスをいいわけに使ってしまう。

 

その意味では、ストレスはわたしたちを、悪の道に引き込む悪魔といえます。

 

いいストレス(Eustress)とは、プラス方向へプレッシャーが加わること。

 

嬉しい感情が沸き起こってくる状況のことをいいます。

 

悪いストレス(Distress)は、これとまったく対照的です。

 

試練に直面し、自分には到底乗り越えられないと思ったとき、つらく沈んだ気持ちになります。この状態が悪いストレスです。

 

わたしたちの体は、ストレスを受けると反射的に、自律神経が反応します。

 

ホルモンが分泌され、血圧は上昇し、心拍数も増え、息遣いもだんだん荒くなります。

 

ホルモンが働き始めたかどうかは、心臓の鼓動がだんだんと激しさを増し、ドキドキ早鐘を打ったようになります。

 

ストレスを引き起こす状況が続く限り、神経細胞や副腎そのものは、いくらでもストレスホルモンを作り続けます。

 

絶えずストレスにさらされていると、心臓によくありません。

スポンサードリンク

page top