食べ物の成分のうち、炭水化物、脂質、たんぱく質、ミネラルなどとともに、5大栄養素のひとつに挙げられます。

スポンサードリンク

なぜビタミンが必要なのか

ビタミンは栄養素のひとつ

炭水化物中の、糖質や脂質、たんぱく質の一部はエネルギー源として用いられ、たんぱく質とミネラルの一部は体の構成物質として活用されます。

 

これに対して、ビタミンはそれぞれの栄養素の働きを円滑に進めるため、潤滑油のような役割を果たしている微量栄養素です。

 

ビタミンには、いろいろな種類があり、それぞれに作用が違います。

ビタミンA

薄暗い場所での視力を保ち、皮膚や粘膜を健康にし、細菌への抵抗力を増して、病気にかかりにくくします。

 

免疫防御に作用し、細菌感染率を低下させたり、遺伝子の調節機能などが新たに注目されています。

ビタミンB1

糖質の代謝に関わっていて、糖質がエネルギーに関わるときに必要です。

 

また、脳や手足の神経が正常に働くように作用します。

ビタミンB2

たんぱく質、脂質、糖質などすべての栄養素の代謝に関わり、正常な発育にかかせません。

 

皮膚や口内の粘膜の発育を助け、保護します。

ナイアシン

ビタミンB2と同じ様に、糖質や脂質の代謝に関わり、アルコールの代謝に有効、血行をよくし、皮膚や粘膜の発育に作用します。

ビタミンB6

たんぱく質の代謝に関わり、発育促進や生殖機能を活性化、神経の興奮を抑制させる働きもあります。

ビタミンB12

たんぱく質の代謝に関係し、赤血球のヘモグロビンの合成を助け、悪性貧血を予防、脳の機能を正常に保ち、神経にも深く関わっています。

葉酸

たんぱく質の生成に関わり、細胞が分裂するときに必要。

 

不足すると造血機能が、侵され貧血に、また、妊娠時の欠乏は奇形児が産まれる可能性が高くなるとされています。

パテント酸

糖質、脂質、たんぱく質の代謝に関わり、各種ホルモン合成に作用します。

ビオチン

糖質や脂質、たんぱく質の代謝に関わっています。

ビタミンC

血管や細胞と細胞の間にある、コラーゲン(たんぱく質の一部)を作るときに必要です。

 

酸化を防ぐ作用もあり、体内で過酸化脂質ができるのを抑えます。

 

その他、発がん性物質の生成を抑制効果、鉄の吸収促進、白内障の予防なども報告されています。

ビタミンD

カルシウムとの吸収を助け、骨の発育を正常にし、再構築を調整します。

ビタミンE

細胞の酸化を防ぎ、過酸化脂質ができるのを防ぎ、血管を防ぎ、過酸化脂質ができるのを防ぎ、血管を広げ血液の循環をよくします。

ビタミンK

血液を凝固させるという重要な働きをしています。
骨の形成を促すことにも関わっています。

ビタミン様物質

ビタミンとして正式に認められているのは13種類です。

 

それ以外にもビタミンに似た働きをしたり、ビタミンの働きを助けたりするものがあります。

 

これらのビタミンに類似するものを、ビタミン様物質と呼んでいます。

ユビキノン

細胞内で細胞が必要とするエネルギーを作るのに必要な物質。

 

人間は体内で合成が可能です。

リポ酸

ビタミンB1が体内で働くとき、一緒に補酵素として働きますが、特に食べ物から摂る必要はないとされています。

ビタミンP

そばに含まれるルチンやみかんの皮のヘスペリジンなど、毛細血管やカラだの抵抗力の低下を防ぐ働きがあり、ビタミンCの作用を補強します。

ビタミンU

キャベツに胃潰瘍を防ぐ働きがあるとして見つけられた物質。

 

必須アミノ酸のメチオニン誘導体の形をしているので、普通はビタミンには入れません。

スポンサードリンク

page top