ピクノジェノールには、解っているだけでも40種類を超えるフラボノイドが含まれています。

スポンサードリンク

ピクノジェノール

世界で中で愛用機能性食品ピクノジェノール

老化や生活習慣病の元凶、活性酸素を消去する強力な作用があります。

 

効果は、心臓疾患、がん、老化防止、関節炎など70種以上の病気に及ぶことが医学的に確認されています。

 

25年前からヨーロッパを初め世界中数百万人の人々に機能性食品として愛用されています。

 

アメリカでは、心臓発作や脳卒中の要因となる血小板凝集=血栓の抑制作用とADHD=子供の集中力の欠如・多動性症候群の改善作用が認められている。

 

フランスでは、糖尿病網膜症の治療薬として認可。

 

1996年になって、日本で発売されるようになりました。

 

生理痛、子宮内膜症、むくみ、冷え症、更年期障害などピクノジェノールは、機能性食品であり、薬にも及ばないほどの即効性と根本治療を発揮します。

 

特に、医師の指示がなくても自ら入手して飲むことができます。

フランス海岸松の樹皮から抽出、自然物質

子宮内膜症

婦人科系疾患に対する効果は、ズバ抜けています。

 

ほとんどの女性は、しばしば下腹部瘤や骨盤の痛みに悩まされるという経験を持っています。

 

そういう痛みを全く経験しない女性は、ごく少数といっていいでしょう。

 

痛みの多くは、生殖器に及びその周辺臓器からくる生理的な現象といっていいものです。

 

子宮内膜症は、月経時にはがれる子宮内膜が、子宮内腔以外の場所に移植してしまうことにより起こる疾病です。

 

内性子宮内膜症=はがれた内膜が子宮の中に入り込み、子宮が腫大してしまうもの。

 

外性子宮内膜症=骨盤内のほとんどの場所にできますが、特に多いのは卵巣、卵管、骨盤腹膜などです。

 

子宮膜が卵管から月経血とともに腹腔内、直腸や卵管、卵巣に移植してしまうのでそこで出血をします。

 

子宮内膜は、出血を繰り返しながら少しずつ周囲の臓器に癒着して可動性を失っていきます。

 

ピクノジェノールは、子宮内膜から発生するこれらの疼痛=うずく、うずきを改善して、子宮の可能性まで改善させます。


ピクノジェノール記事一覧

活性酸素を消去させる能力ピクノジェノールの抗酸化力によって改善される分野は、動脈硬化、血栓症、毛細血管の保護脳卒中、心臓疾患、炎症、浮腫、糖尿病、ストレス、潰瘍、視力改善、関節炎、アレルギー制御など広範にわたります。かたよった食生活ねじれたストレスなどによって高コレステロール状態が続くと、動脈硬化など血管の病変が起こり、それが極まると脳血管障害=脳溢血、脳梗塞などや心臓疾患=狭心症、心筋梗塞などを...

フラボノイドは色素物質紫外線を吸収、活性酸素を消去するので、DNA=遺伝子の損傷や病気・老化から守ります。活性酸素は別名「毒性酸素」と呼ばれます。植物でも動物でも生あるものにとっては、体を酸化させ劣化させます。酸化とは、錆びることです。体の細胞や組織器官が錆びる生体には様々なかたちで老化や病気が起こり、生命の存続そのものが脅かされます。活性酸素は、本来一対になった分子を構成している電子がどちらか一...

活性酸素の主原因は紫外線人間も紫外線に当たると活性酸素が発し、皮膚細胞が傷つけられ、しみやそばかすなどが出来ひどいときには皮膚がんになります。細胞は、細胞膜によって守られます。細胞膜は単なる細胞のおおいではありません。新鮮な酸素や栄養を取り入れ、生命活動によって生じた老廃物を細胞外へ排出する細胞の新陳代謝を担っています。これが上手くいかなくなると、細胞は劣化し老化して、結果60兆個の細胞からなる体...

がんの発生にも活性酸素は深く関わっています活性酸素の発生の元凶自動車の排気ガス、公害物質が際限なくばらまかれています。食品には、多くの食品添加物が入れられ、体内での過剰な活性酸素の発生源になっています。体には、活性酸素の発生を抑制、鎮静化させ、さらに活性酸素によって傷害を受けた個所を修復する能力が備わっています。システムは、酸素の働きによるもの、たんぱく質によるもの、ビタミンC、Eによるものと3種...

ピクノジェノールの血小板凝集を防ぐ働きアドレナリンアドレナリンは、さらに血管収縮を引き起こすため、アテローム動脈硬化症=血栓ができる前段階の粥状硬化症でそのうえストレス状態のある人にとって、喫煙は血栓形式のリスク・ファクターとなります。喫煙に誘発されたアドレナリンで血小板凝集が起こり血栓ができると、血栓は動脈硬化症で収縮した動脈に重い閉塞を招きかねません。ピクノジェノールを飲むと、異常な血小板凝集...

ADHDを救うピクノジェノールADHDは、男性とに多く、著しく集中力に欠ける子供が急増しています。授業中に教室をウロウロ歩き回るなど、少しもじっとしてられません。衝動性があり、学習障害がみられることもあります。アメリカで早くから多発していたADHDの子供が日本でも増えてきて問題になっています。ピクノジェノールがADHDを劇的に改善子供たちが落ち着いて教師の話に耳を傾けるようになることが、アメリカで...

血行改善毛細血管の保護静脈瘤の改善と予防狭心症予防花粉症関節炎の改善胃潰瘍の改善ストレスの緩和脂肪カット痔の改善と予防筋肉の痙攣の回復皮膚の健全化がん予防喘息の改善風邪の予防と改善白内障の改善炎症の改善脳血栓予防抗ヒスタミン効果脳溢血予防免疫の強化糖尿病の改善細胞の活性化活性酸素消去疲労回復細胞栄養の強化動脈硬化症の改善コラーゲンの保護老化防止視野狭窄の改善高血圧の予防しわの改善肥満防止脳血流の改...

プロアントシアンニジン、カテキン、エピカテキンなどのフラボノイド類、カフェイン酸、フェルラ酸などの有機酸など40種類以上もの有効成分が含まれています。糖尿病性網膜症(フランス)、下肢静脈うっ血治療薬(スイス、ギリシャ)、ADHD・血栓症・心臓病、脳卒中(アメリカ)、月経困難症・子宮内膜症(日本)。世界中で愛用されている機能性健康食品です。病気ともいえず、医者にかかるこどでもないけれど、多くが悩んだ...

筋肉の緊張が持続して弛緩することがないためこうした症状には、同じ姿勢で長い時間、腕や手を固定した状態で機械的な作業を続けたり、精神的に緊張を強いられる作業を毎日繰り返している人などは肩こりや手指の震え、腰痛、視覚障害、不眠などを訴える人たちが急増しています。筋肉の緊張が原因で起こった肩こりも慢性化すれば不随する症状も多様になってきます。肩か首などの患部が炎症を起こして腫れや痛みが生じたり、頭痛、め...

血行が悪化すれば、運ばれる酸素・栄養素の量が減ります。筋肉を機能的に働かせるエネルギー源も不足します。血行の悪化で、老廃物をスムーズに運び去ることができなくなります。老廃物がどんどん溜まってきます。全身の細胞に栄養・酸素が十分に行き届かない状態が長く続くと、筋肉は線維化した硬い組織に変質し、頑固なこりとなって定着します。冷え性の症状は、体内の末梢血管の血行不良によって生じる不定愁訴です。無理なダイ...

骨折の多い箇所は背骨があります。密度が薄くなっていった結果、自分の体重が支えられなくなり、ついには潰されてしまいます。こうした骨折は圧迫骨折です。高齢の女性に見られる背曲がり、腰曲がりは、圧迫骨折が原因です。つまづいて転倒した際に、手首や腕を骨折してしまうこともよくあります。

過剰に発生した活性酸素過剰発生したときに酸化の害を全身に広げるところに問題があります。生命維持や活動のエネルギーを生み出すために酸素が必要です。体内で活性酸素が発生するのは止む得終えないことです。過剰に発生した活性酸素を副作用のないピクノジェノールで無害化することです。

スポンサードリンク

page top