ピクノジェノールは、ADHD=児童の集中欠如及び多動性症候群に対する改善効果についても、アメリカで用途特許を得ています。

スポンサードリンク

ADHD

ADHDを救うピクノジェノール

ADHDは、男性とに多く、著しく集中力に欠ける子供が急増しています。

 

授業中に教室をウロウロ歩き回るなど、少しもじっとしてられません。

 

衝動性があり、学習障害がみられることもあります。

 

アメリカで早くから多発していたADHDの子供が日本でも増えてきて問題になっています。

 

ピクノジェノールがADHDを劇的に改善

子供たちが落ち着いて教師の話に耳を傾けるようになることが、アメリカではわかっています。

 

ADHDを改善させるメカニズムは厳密に解っていません。

 

ピクノジェノールを飲んでADHDは確かによく改善します。

 

日本の医療現場で、ピクノジェノールをADHD児に使用して、明らかに改善効果が見られてと報告があります。

 

ピクノジェノールには、脳を直接刺激するような成分は含まれていません。

 

効果は、ピクノジェノールの抗酸化物質による脳血流改善作用によるものとみられます。

 

脳細胞を保護するため、多くの物質は血液脳関門という一種の関所で阻害され脳へは入っていきません。

 

ピクノジェノールの抗酸化成分フラボノイドは、脳の血管細胞から吸収されます。

 

脳血流はその抗酸化作用により改善します。

 

血液の増加により、酸素や脳の活性を促がす生理活性物質が増え、子供の集中力が改善されるようです。

慢性疲労とは

疲労など一晩ぐっすり眠れば回復するといった話は昔です。

 

ストレスからくる慢性疲労は単純には行かないようです。

 

疲れているのに眠れない。免疫能力が低下する、だるい、食欲減退、逆に過食、微熱、アレルギー症状が出る、慢性疲労症候群です。

 

ピクノジェノールは、慢性疲労をとてもよく回復させます。

 

栄養剤を飲むのと異なる、スッキリと疲労感が消え、体が軽くなる。

 

慢性疲労の患者の赤血球は、活性酸素によって著しく、破壊されています。

 

ストレスによって体内に大量発生した活性酸素の害です。

 

新鮮な酸素や栄養が体の組織に充分に補給されない、疲労状態に陥ります。

 

ピクノジェノールは、活性酸素が消去され、健全な赤血球が増えます。

 

体に元気を取り戻します。

スポンサードリンク

page top