フラボノイドは植物に広く含まれる緑や青、紫、赤などの色素物質です。

スポンサードリンク

フラボノイド

フラボノイドは色素物質

紫外線を吸収、活性酸素を消去するので、DNA=遺伝子の損傷や病気・老化から守ります。

 

活性酸素は別名「毒性酸素」と呼ばれます。

 

植物でも動物でも生あるものにとっては、体を酸化させ劣化させます。

 

酸化とは、錆びることです。

体の細胞や組織器官が錆びる

生体には様々なかたちで老化や病気が起こり、生命の存続そのものが脅かされます。

 

活性酸素は、本来一対になった分子を構成している電子がどちらか一つだけ不対電子という不安定になっている酸素です。

 

活性酸素は、欠けて足りない電子を他の物質の電子から奪い取って対になろうと、ほかの物質と非常に強く反応するようになります。

 

そしてさらに、電子を奪われた物質は、足りなくなった電子をまた他の物質から奪って安定しようとします。

フリーラジカル反応

放置しておくと連鎖反応的に体中に広がっていきます。

 

老化や病気の発生につながっていきます。

 

生物は、フリーラジカルを抑制したり、消去したりする物質やシステムを持っています。

 

活性酸素の害を阻止し、健全性を守っています。

植物では、多種多様なフラボノイド類

カロテノイド類、ビタミンCがその役割を担っています。

 

こうした物質を抗酸化物質=スカベンジャーといいます。

 

ピクノジェノールが抽出されるフランス海岸松を守る抗酸化物質はフラボノイドで、ピクノジェノールはフラボノイド類が凝縮されたものです。

40種類のフラボノイド類の集合体

ピクノジェノールの抗酸化作用は、強力な抗酸化物質として一般的に使われている、ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍という最強の抗酸化物質です。

スポンサードリンク

page top