喫煙やストレスによってもたらされる血栓形式を防ぎます。喫煙は、血液中のアドレナリン濃度を倍増し、血小板の凝集も増加させます。

スポンサードリンク

血小板凝集を防ぐ働き

ピクノジェノールの血小板凝集を防ぐ働き

アドレナリン

アドレナリンは、さらに血管収縮を引き起こすため、アテローム動脈硬化症=血栓ができる前段階の粥状硬化症でそのうえストレス状態のある人にとって、喫煙は血栓形式のリスク・ファクターとなります。

 

喫煙に誘発されたアドレナリンで血小板凝集が起こり血栓ができると、血栓は動脈硬化症で収縮した動脈に重い閉塞を招きかねません。

 

ピクノジェノールを飲むと、異常な血小板凝集を防ぎ、間接的に血栓形式が阻止されます。

動脈に関わる障害

ピクノジェノールは、動脈に関わる障害だけではなく、静脈系の疾患にも非常に有効性を発揮します。

 

静脈では、血圧が低いため、血管の壁が薄くなっています。

 

静脈では、血液の漏出が起こりやすく、それが組織に流れ出して、下肢などに浮腫ができることがしばしばあります。

 

下肢の浮腫からくるだるさやかかとの腫れ、静脈からの内出血、疼痛・痙攣などで悩んでいる人にとっては、大変つらいものです。

 

静脈からの血液や体液漏出による症状の改善にはピクノジェノールは非常に有効です。

 

浮腫など、とってもよく改善します。

 

血小板の凝集を抑制して血液をサラサラ流れやすくする物質として、ピクノジェノールはアスピリンを超える素晴らしいものです。

アスピリン

アスピリンは、血小板の凝集を抑制することで、多くの人の心臓発作や脳卒中を防いできました。

 

アスピリン服用は、重大な内出血を起こすという根本的なリスクが伴います。

 

鼻血、皮下出血といった不快な出血のほか、胃潰瘍がある場合など重大な胃出血を起こすことがあります。

 

こういうときピクノジェノールはとても役に立ちます。

 

アスピリンのような副作用はいっさいありません。

 

循環機能=血管保護作用や心臓機能保護作用もあります。

 

ピクノジェノールは、胃潰瘍などの出血や内出血を長引かせずに血液の凝固だけではちゃんと抑制して、とても安全です。

スポンサードリンク

page top