妊娠初期に起こるつわりは、人によって程度の差はありますが、原因は、アミノ酸の一種、トリプトファンの代謝に異常が重んじる体といわれています。

スポンサードリンク

妊娠中のつわり

妊娠・出産する女性のつわり対策

つわりが心配な人

トリプトファンの代謝を正常に導いたり、異常を少なくする働きが、ビタミンB6にあります。

 

また、ビタミンB6がトリプトファンの代謝に作用するということからたんぱく質(アミノ酸はたんぱく質に含まれています)の代謝にも関係していることが分かります。

 

母親の体を守るとともに、胎児・乳児の成長にとても大切なビタミンです。

たばこを吸う人

たばこ1本でビタミンCが25mgも消費。

 

愛煙家には耳の痛くなる数字ですが、事実。

 

もっとビタミンCが損なわれるともいい、1日1箱20本のたばこを吸う人は、500mg(0.5g)に消費となり、1日の成人の栄養所要量は約100mgです。

 

5倍ものビタミンCを失ってしまうので、血液中のビタミンC濃度も低くなります。

 

たばこを吸うと、ビタミンCが消耗するのかは、不明な点が多いですが、愛煙家はビタミンCをたっぷり摂ること、ヘビースモーカーの人は、よりたくさんのビタミンCが必要です。

 

妊娠・出産を控える女性は、たばこを控えてください。

 

たばこを吸う女性から生まれる赤ちゃんは、吸わない女性から生まれた赤ちゃんより未熟児や発育が悪いという、その一因として、ビタミンB12の不足をあげることができます。

 

子どものために、禁煙をおすすめします。

ビタミンEの補給も忘れない

たばこは美肌にとっても、悪い、細胞の老化を促進させる酸化作用があります。

 

ビタミンEは血行をよくして、抗酸化作用も期待され、女性スモーカーに欠かせません。

物がよく見えない

薄暗いところで物がよく見えない、映画館に入ると、スクリーン以外のものは、しばらくの間、何も見えないというのはよくあるけど、最近、見えるようになる時間が、前よりかかるようになった。

 

このようなときには、ビタミンAをたっぷり摂ってみましょう。

 

暗闇に強くなるために、ビタミンAが必要です。

 

食事で摂ることが大事です。

 

明るいところから、急に暗いところに入ってものを見るのに慣れていくのを、暗順応(あんじゅんのう)といい、ビタミンAが足りなくなると、低下し、暗闇で目が慣れにくくなります。

病気がかかりやすい

健康に自信がない、病気にかかりやすいと思ったら、ビタミンA不足の可能性があります。

 

ビタミンAが充足していると、病気にかかりにくいとされる根拠があります。

 

ビタミンAは、病原菌などが体内に侵入するのを防ぐ免疫機能を維持する働きもあります。

 

ビタミンAが不足すると外部に接している、皮膚(肌)や、口から肺までのように、外の空気に触れている部所が、病原菌に侵されやすくなり、さまざまな病気にかかりやすくなり、さまざまな病気にかかりやすくなります。

 

とくに、抵抗力の弱い子どもには、ビタミンAを含んだ食べ物を。

 

ビタミンAを多く含む食品は、うなぎ、やつめうなぎ、ほたるいか、レバー、卵黄、マーガリン、にんじん、モロヘイヤや西洋かぼちゃなど緑黄色野菜が挙げられます。

 

植物性のカロチンは、体内に入ってビタミンに変わるもので、プロビタミンAといいます。

目によいブルーベリー

ブルーベリーが目によいと、ブルーベリー入りの加工食品が盛んに出回っています。

 

視力低下や夜盲症を防ぐのにビタミンAの作用が効果があり、ブルーベリーのカロチン量は100gあたり、55μg(ビタミンA当量は9μg)と多くはありません。

 

ブルーベリーが目によいとされるのは、色素成分のアントシアニンだとされ、その有効性から医薬品として認められ、有効成分を多く含むものは、ホワートルベリーという野生種で一般に出まわっているとは違う品種です。

スポンサードリンク

page top