肝臓にいいビタミンには、ビタミンB6があげられます。

スポンサードリンク

酒をよく飲む人

アルコール好きは肝臓の病気が心配

肝臓に脂肪が溜まる脂肪肝という病気は、大酒のみの人がかかりやすい肝臓病。

 

放って置くと、肝硬変にもすすむやっかいな病気として知られています。

 

この脂肪肝にビタミンB6を投与すると、脂肪肝が取り除かれ、脂肪肝を予防するのにもビタミンB6が有効。

 

ビタミンB6が脂肪やたんぱく質の吸収に役立つビタミンで、ビタミンB6を摂取していれば大丈夫、脂肪肝にならないというのは考えもの。

 

毎日、毎日、大酒を飲んでいれば、ビタミンB6がいくらがんばっても焼け石に水。

 

ビタミンB6は摂るにこしたことなありませんが、アルコールの程度によることを念頭に置いてください。

 

ビタミンB2も脂肪のビタミンとの別名があり、脂肪の吸収に役立ちます。

 

お酒を毎日大量に飲み、満足な食事をしない人は、肝臓に気を配るだけでなく、神経障害にも注意する必要があります。

 

これは、ビタミンB1に不足が関係している。

 

アルコールはビタミンB1が正常に働くのを邪魔し、ビタミンB1不足を引き起こします。

ビタミンB1は、糖分を体内で燃焼するのに必要なビタミン

それとともに、正常に神経が働くように、正常なままでいられるようにする役目がある。

 

ビタミンB1が不足すると神経障害を起こすことは当然といえば当然。

 

ビタミンB1不足による中枢神経障害のウェルニッケ・コルサコフ脳症候群の患者さんは、アメリカやヨーロッパに多いといわれてきました。

 

日本人も食生活の欧米化が進み、ウェルニッケ・コルサコフ脳症候群も増えています。

 

アルコールと食生活に配慮して、ビタミンB1不足にならないこと。

 

ビタミンB欠乏や潜在性欠乏症のほとんどがビタミンB1不足といわれます。

 

アルコールの飲み過ぎは、肝臓の負担が大きく、休肝日を設け、肝臓を休ませる。

ビタミンB1を多く含む食品

豚肉、ロースハム、鶏レバー、大豆、胚芽精米、玄米、干しそばなど。

 

糖質をたくさん摂れば、それに比例してビタミンB1も多く必要。

ストレスを感じる人

現代人は、子どもから大人、老若男女を問わずにストレスに悩まされているといっても過言でなない。

 

子どもたちは、大学・高校だけだなく、小学校・幼稚園まで受験戦争が広がり、勉強、勉強、いい学校、いい会社に入るようにと、両親にハッパをかけられ、ストレスの固まり、イライラ症候群。

 

大人は大人で、子育ての中の母親のストレスもよくいわれますし、働き盛りの父親たちも、会社や家庭でイライラ、胃の痛くなる毎日、お年寄りも、昔と違って世知辛い世の中、のんびりと余生を送られるというケースが少なくなっています。

 

現代人のストレス解消には、ビタミンB1の力を借り、神経がスムーズに働くためには、十分なエネルギーが必要。

 

エネルギーが足りないと、中枢神経は、機能を果たすことができないので、イライラやストレスが溜まる一方になってしまいます。

 

中枢神経は、糖分だけをエネルギー源として、エネルギーを得るためには、糖分を燃焼させて、これに変えなければなりません。

 

糖分を燃やすためには、ビタミンB1が不可欠になり、ビタミンB1をたっぷり摂ると、不思議に心が穏やかになり、ストレス防止、家庭内暴力、育児ノイローゼの予防にビタミンB1。

 

ビタミンCも抗ストレス効果が認められ、抗ストレスホルモンと呼ばれる副腎皮質ホルモンの生成にビタミンCが関与しています。

スポンサードリンク

page top