好ましい食生活と適度な運動をする。

スポンサードリンク

生命維持に必要なコレステロール

コレステロールは多過ぎても少な過ぎてもいけない

コレステロール値が高い人は血液中の脂質が多く、この脂質(コレステロール)が動脈硬化を促進するからです。

 

動脈硬化のある人は、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病を引き起こす危険性が高いと言われています。

 

コレステロール値を下げることが、動脈硬化の発症を予防し、プラーク(粥腫じゃくしゅ)を安定させることで心筋梗塞の発症を防ぐことができます。

コレステロールの重要な仕事

コレステロールは動物性脂肪の一種。

 

脳や腎臓、皮膚などさまざまな器官に存在します。

 

コレステロールには、遊離型コレステロール(水に溶けやすい)とエステル型コレステロール(水に溶けにくい)の2つのタイプがあります。

 

遊離型コレステロールは、主に細胞やリポ蛋白質の膜構成成分として、エステル型コレステロールは細胞内や血液中での貯蔵や運搬の役割をします。

 

コレステロールは、ステロイドホルモンの原料となっています。

 

ステロイドホルモンとは、体内のたんぱく質から糖質を作り、心身を活性化させる副腎皮質ホルモンや、男性ホルモンや女性ホルモンなど性機能を強める性ホルモンのことです。

 

ホルモンとは、一般に内分泌腺にある内分泌細胞から直接血液中に分泌され、血液循環を介してそのホルモンに対する受容体を持つ特定の細胞(標的細胞)に達し、微量で特異的な効果を及ぼす物質です。

 

内分泌腺には、下垂体、甲状腺、副甲状腺(上皮小体)、膵臓、副腎、卵巣、精巣、松果体などがあります。

 

消化管や腎臓は、特定の内分泌腺を持ちませんが、内分泌細胞を有し、ホルモンを分泌します。

 

コレステロールは、食事に含まれる脂肪分や脂溶性のビタミンを小腸が分解し、消化吸収するのを助ける胆汁酸の材料です。

 

コレステロールは生命維持活動のために欠かせない、必要不可欠です。

プラーク

泡沫細胞は集まって、プラークを形成するのが、このプラークの破錠により血栓(血の塊)が生じ、心筋梗塞が起こるため、プラークをいかに安定化させるのが重要で、血栓を作る場所を提供しているのが不安定なプラークです。

脂肪の多い食事を好む人

次のような食生活に注意

  • 鶏レバー、肉類、いか、筋子など高脂肪食を好んでたくさん食べる
  • 揚げ物やケーキなど洋菓子が大好き
  • 野菜やきのこ類、海藻類はあまり食べない
  • 朝食抜きなど異常な摂食リズム

 

食べ過ぎてしまう

1日に必要な量以上のエネルギーを摂ると、余ったエネルギーが、体内でコレステロールや中性脂肪を作る原料となります。

 

そのため、食事のエネルギー量はもちろん、間食やまとめ食い、夜遅い食事なども、コレステロールを増やす原因になります。

 

お酒の飲み過ぎもエネルギーの摂り過ぎにつながります。

 

炭水化物の摂取が減って、脂肪の摂取量が増え、1日のエネルギー摂取量の25%以上になっています。

 

また、食物繊維の摂取量も減っています。

中性脂肪

トリグリセリドともいい、グセロールに3分子の脂肪酸が結合した物質です。

 

貯蔵された中性脂肪は体の重要なエネルギー源になります。

 

脂質(脂肪)は水に不溶な分子で、主な成分は糖質と同様、C、OとH。糖質とは異なり、含まれるHとOの役割が2:1ではありません。

 

他の栄養素と比べ、高いエネルギーを出します。

 

脂質は3つに大きく分類されます。

 

単純脂質:アルコールと脂肪酸が結合した物質。

 

複合脂質:たんぱく質など他の脂質と結合している脂質。

 

誘導脂質:脂質の分解産物のうち脂溶性を示すもの。

 

食物繊維に含まれる脂質の大部分はトリグリセリドで、その他コレステロール(ステロイドの一種)やリン脂質などがあります。

運動不足やストレスが絶えない

日常生活で体を動かすことの少ない人、スポーツなどやらない人は、食事から摂取したエネルギーが余ります。

 

そのため、コレステロールなど血液中の脂質がどんどん高くなり、肥満の危険も出ます。

 

また、精神的なストレスや不規則な生活、睡眠不足が続くと副腎皮質ホルモンの分泌が盛んになり、血圧や血糖、コレステロール値が上昇してしまいます。

自分の健康は自分で守る記事一覧

糖尿病や甲状腺の病気はコレステロール値を上げる食事や生活習慣の影響ではなく、他の病気や服用している薬が原因。各種の病態によって起こってくる脂質代謝や異常は、二次性高脂血症と呼ばれています。血清脂質値に異常があったら、他に病気がないか調べます。自覚症状のない病気の場合、コレステロール値や中性脂肪値の高さから、原因となる病気が見つかることがあります。また、薬を服用している場合は、医師にそのことを伝えて...

高脂血症の人は、糖尿病など動脈硬化のほかの危険因子も合わせ持っていることが多いので、その場合は総合的な治療が必要です。30〜40代の肥満が進み、高コレステロール血症の割合が増加し、働き盛りの男性では、生活習慣の欧米化に加え、社会環境の悪化によるストレスが高脂肪食の摂り過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、運動不足を助長して、高脂血症や肥満、糖尿病が増加しています。

コレステロールは脂の一種。コレステロールが多いと高コレステロール血症や動脈硬化を引き起こし、コレステロールが少なくても細胞の異常やホルモンの生成などが困難になります。コレステロールは水に溶けないため、そのままでは血液には溶けません。そこで、たんぱく質(アポ蛋白)の中に取り込まれ、リポ蛋白という形で血液中に存在し、体のすみずみまで運ばれます。リポ蛋白のうち、LDLは、水に溶けにくいエステル型コレステ...

飽食の時代を背景に、日本人の脂肪摂取量は著しく増加しました。総エネルギー量は変わらないのに、脂質の摂取量は3倍近く伸び、逆に食物繊維の摂取量は減少しています。結果、血液中のコレステロール値が上昇し、高脂血症になる人が増えています。高脂血症自体は自覚症状がなく、病気という意識を持ちにくく、コレステロール値が持続的に高いと動脈硬化を引き起こし、高血圧や糖尿病などの病気をもたらし、心筋梗塞や脳卒中で命を...

心臓の周りを冠のように取り巻き、心臓の筋肉(心筋)に酸素や栄養分を送っている血管を冠状動脈といいます。冠状動脈には右冠状動脈と左冠状動脈があり、左冠状動脈は途中で左前下行枝(ひだりぜんかこうし)と左回旋枝(ひだりかいせんし)の2本に分かれ、左冠状動脈の入口部から分枝までを、左主幹部動脈と呼びます。この冠状動脈に動脈硬化や冠れん縮(スパズム)が起こり、血管の内腔が狭くなって心筋への血流が悪くなると、...

脳卒中は、脳の血管が破れたり、詰まったりすることによって起こる病気の総称で、頭蓋内出血と脳梗塞があります。頭蓋内出血には脳出血とくも膜下出血があります。脳梗塞は脳血栓、脳塞栓に分類されます。頭蓋内出血は、脳の動脈が破れて血液が漏れだし、脳の機能が失われた状態です。脳梗塞とは、何らかの原因で脳の血流が局所的に低下し、脳組織が壊死する病気です。脳卒中の発作が起きると、3分の1は死に至り、命を取り止めて...

肥満とは、身長に対して体重が重いということではありません。脂肪組織(体脂肪)が過剰に蓄積した状態。成人の5人に1人は肥満傾向にあり、小児の肥満も増えています。肥満の90%異郷は食べ過ぎと運動不足による原発性(単純性)肥満で、残りはホルモンや遺伝的な異常などによる。二次性(症候性)肥満です。原発性(単純性)肥満については、肥満自体は病気ではありませんが、そうでない人に比べて、糖尿病や高血圧、高脂血症...

脂肪組織は単なるエネルギーを蓄える貯蔵器官ではなく、生理活性物質(アディポサイトカイン)を分泌する内分泌器官です。脂肪細胞からは、食欲を抑制する作用を持つ痩せるホルモンのレプチンのほか、インスリンの効き目を悪くする作用のある腫瘍壊死因子α(TNF-α)や、血栓や動脈硬化を起こす作用を持つプラスミノゲン活性化因子インヒビター-1(PAI-1)、動脈硬化を抑制する機能を持つ生理活性物質アディポネクチン...

食事は多くの種類を少しずつ食事で大切なのは、栄養バランスの摂れた食事をすることです。肉ばかりに偏って、魚は余り食べない、野菜の摂り方が少ない、など食生活が偏っていては、健康に悪影響を与えてしまいます。コレステロール値が高いから、好物のウニ、カステラもダメと、むやみにコレステロールの多い食品を制限してはよくありません。ストレスが溜まる上に、たんぱく質など、コレステロール以外の重要な栄養素まで不足して...

コレステロールを減少させるために、食事療法と並んで大切なのが運動療法です。運動を日常生活に取り入れることはダイエットのためと考え違いです。確かに、肥満の解消や標準体重の維持に役立ち、太りにくい体質を作ります。ただし、運動で消費できるエネルギーは以外と少なく、減量が目的なら長続きしません。単に食事量を減らすだけでは必要な筋肉まで失われてしまうので、健康的なダイエットに運動は必須です。運動療法の一番の...

コレステロール値を下げるには、コレステロールを多く含む食品や、動物性脂肪を摂り過ぎないことが大事です。しかし、これらの食品の摂り方が極端に少ないと、コレステロール値が低くなり過ぎて血管が破れやすくなり、脳卒中を起こしやすくなります。また、コレステロールが少ない食品や、コレステロール値を下げる働きがある食品ばかり摂取すると、たんぱく質などが不足して、体調が崩れやすくなってしまいます。

スカベンジャーとは、活性酸素を防ぐ抗酸化物質のことで、体内で作られる酵素と、食物から摂取するビタミン類と2種類あります。動脈硬化、特にアテローム硬化は活性酸素が関係しています。LDLコレステロールは、活性酸素によって酸化され、酸化LDLとなり、動脈の内膜に大変入り込みやすくなるのです。また、活性酸素は、糖尿病や糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症などの合併症の原因となります。さらに、活性酸素は、がん細胞の...

ダイエットのため、ご飯やパンなどの主食はほとんど食べない、という人が多いです。おかずやお酒でお腹がいっぱいになってしまい、主食は食べないということもあります。しかし、おかずだけ食べた場合の食事は、高エネルギー、高たんぱく、高脂肪になりがちで、これではコレステロールや中性脂肪を増やしてしまい、ダイエットの方法としても間違っています。ご飯やパン、麺類は、いも類や菓子類、果物と同じ糖質です。糖質は、体内...

脂質は、体のエネルギー源で、糖質やたんぱく質と並ぶ3大栄養素のひとつとして、必要不可欠です。しかし、コレステロール値が高い人は、脂質の摂り方を工夫してください。脂質の摂取は1日の摂取エネルギーの20〜25%まで、コレステロールや中性脂肪の値が高い人は20%までに抑えてください。脂質は、体内で脂肪酸とグリセリンに分解されます。そして脂肪酸は、コレステロールを増加させる飽和脂肪酸と、反対に減少させる不...

食物繊維は、体の組織の原料となったり、エネルギー源として使われたりすることなく、消化されないで、そのまま体外へ排泄される食物の成分のことです。食物繊維は、食べ物のカスといわれ、不要なものだと考えられていましたが、便秘や大腸がん、高血圧を予防するのに有効であることが分かりました。そのうえ、食物繊維にはコレステロールを減少させる作用があります。動脈硬化を基盤として起こる虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)...

塩分の摂り過ぎは、高血圧や脳卒中、肥満の原因になります。コレステロール値が高い人は、血圧も高い傾向にあります。高血圧は、高脂血症、喫煙と並んで動脈硬化の危険因子のひとつで、脳卒中や腎臓病などを引き起こします。日本人は、漬物、味噌汁、塩鮭など塩分の摂り過ぎで、高血圧の人が多く、脳卒中は日本人の死亡原因の一番でした。脳出血は、高血圧が第一の原因高血圧を予防するには、塩分を控え、バランスの取れた食事をし...

糖質が多いので注意しましょう果物に多く含まれているペクチンという食物繊維は、糖質が体内に吸収されるのを防いで、肝臓でコレステロールや中性脂肪が合成されるのを抑制します。そのため、果物は美容や健康によい、というイメージがあり、果物を食事の代わりに摂る人もいますが、これは大変問題です。果物に含まれる果糖は、インスリンに支配されない糖質として血糖への影響が少なくありません。一方で、その甘味は砂糖の1.5...

ブルーベリー(ビルベリー)ツツジ科樹高10〜40pの落葉低木夏、ブルーベリーは、コロンとした赤紫色の実をつけます。この赤紫色の色素の正体は、視界に良い抗酸化物質のアントシアニンです。目の網膜にあるロドプシンという物質は、光の刺激を受けて分解と再合成を繰り返し、私たちは、「ものを見る」ことができます。しかし、目を酷使したり、年齢を重ねるうちに、ロドプシンの再合成が間に合わなくなり、かすむ、チカチカす...

整腸に有効に働くことが特徴で有るといわれています@便秘・下痢の改善A便の悪臭を抑制Bコレステロール・胆汁酸の排出C大腸がんの予防Dミネラルの吸収を促すE虫歯の予防F血糖値を上げない作用G免疫力のアップただしオリゴ糖の作用には個人差があり、便がゆるくなる場合もあるので注意。花みつの種類により、色、香り、濃度、甘みなどにははちみつには違いがあり、甘みの平均的な割り合いは、ブドウ糖35%、果糖40%。甘...

葉付きのかぶは、葉をつけたままにして保存すると養分が葉にまわってしまいます。葉元から切って濡らした新聞紙で包み、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。冬瓜のように大きいものは、皮と種を取り除き、使いやすい大きさに切り分けて冷凍保存に。ほうれん草などの葉菜は、基本的に新聞紙で包むか、保存袋に入れて保存すれば野菜室で4〜5日程度は持ちます。もしくは、茹でて冷まし1回分ずつ小分けにして冷凍保存すれば、ジュース...

仕事が忙しく毎日遅くまで続く残業した翌日の朝は起きるのが辛くて、エンジンがかかるまで2時間かかります。体も疲れ、それ以上に精神的な疲労感の方が大きいです。週末なら1日乗り切れば踏ん張れるが、ウィークデーのこの状態になると辛いです。免疫力アップに効果的な白菜には、グルタミン酸が多くて甘く、きゅうりと共に低カロリーで、塩分を調整するカリウムも十分です。爽やかな香りのレモンを加えてリフレッシュ。2つの果...

しわは、顔の皮膚を作っているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが減ってたるみが出来、その次に起こる老化現象。抗酸化物質を含むビタミンC、ミネラル、女性ホルモンと似た働きのイソフラボンなどを補い、早めの予防が大切。肌の血行をよくするポリフェノールにも予防効果があります。ピーマンとグレープフルーツ、皮膚や粘膜を強くするβ-カロテンやビタミンCをタップリ補給。肌荒れに効果的な牛乳と合わせる。ジュー...

このオヤジ臭い元は、「ノネナール」皮脂腺から分泌されるパルミトオレイン酸という物質が酸化したものだといわれています。そしてこれを増加させる物質が、活性酸素です。若い時にはホルモンが活性酸素を抑えていますが、歳とともにホルモンの分泌が減り、ノネナールが増長するのが加齢臭の原因です。首の後からの分泌が一番多いとき、気になる日には、シャワーを浴びる人が増えている加齢臭対策!そして、活性酸素を抑えるのに効...

スポンサードリンク

page top