LDLは悪玉、HDLは善玉。

スポンサードリンク

働く目的が違うLDLとHDL

コレステロールは脂の一種。コレステロールが多いと高コレステロール血症や動脈硬化を引き起こし、コレステロールが少なくても細胞の異常やホルモンの生成などが困難になります。

 

コレステロールは水に溶けないため、そのままでは血液には溶けません。

 

そこで、たんぱく質(アポ蛋白)の中に取り込まれ、リポ蛋白という形で血液中に存在し、体のすみずみまで運ばれます。

 

リポ蛋白のうち、LDLは、水に溶けにくいエステル型コレステロールを多量に含んでいるため、余分なコレステロールが動脈の内壁に入り込んで、動脈硬化の原因となります。

 

そのため、悪玉コレステロールと呼ばれています。

 

一方HDLは、動脈壁の表面にある余ったLDLを回収し、肝臓へ運びます。

 

運ばれたコレステロールは、胆汁酸となって再利用されます。

 

HDLは動脈硬化を予防する働きがあるため、善玉コレステロールと呼ばれています。

 

またLDLによって運ばれるコレステロールがLDLコレステロール、HDLによって運ばれるコレステロールがHDLコレステロールと呼ばれています。

LDLは虚血性心疾患と密接に関係

高コレステロール血症は動脈硬化の発症や進行に関係し、心筋梗塞などの虚血性心疾患の重大な原因です。

 

コレステロールの中でも、虚血性心疾患と密接に関連しているのがLDLコレステロール。

 

総コレステロール値とLDLコレステロール値のいずれも測定することができる場合は、総コレステロールの値よりもLDLコレステロールの値を判断基準にすることが望ましいとされています。

HDLコレステロール

動脈硬化を防ぐので善玉コレステロール。

LDLコレステロール

多過ぎると動脈硬化を促進するので悪玉コレステロール。

胆汁酸

胆汁酸に分泌されるステロイド系カルボキシル酸の総称。

 

肝臓でコレステロールを原料として作られます。

 

食物中の脂質を乳化し、消化・吸収を助ける。
また、脂溶性ビタミン(A、D、K、Eなど)の吸収にも関係しています。

 

胆汁酸の大部分は腸で再吸収され、肝臓に戻ってきます。

HDLが善玉コレステロール

動脈硬化を予防するHDL(リポ蛋白)

動脈硬化を促進するリポ蛋白は、LDLをはじめ修飾LDL(酸化LDL、糖化LDL)、レムナントリポ蛋白、小粒子高密度、LDL(small dense LDL)などさまざまありますが、動脈硬化を予防する唯一のリポ蛋白として、HDLは重要です。

LDLやHDLのバランスも大切

LDLが多過ぎると、コレステロールが回収されないで血管内に残ります。

 

反対に、HDLが少な過ぎても、コレステロールの回収が間に合わないで、コレステロールが蓄積されていきます。

 

総コレステロールの量も大事ですが、HDLとの比率も大切です。

病気の早期発見・予防に役立つ血液検査

高脂血症など自覚症状のない病気は、気がついたら病状が進んでいた、ということがよくあることです。

 

病気を早い時期に発見するために、定期的に検査を受けてください。

 

コレステロールや中性脂肪などの血清脂質の値は、血液検査によって調べられます。

 

貧血・糖尿病など、さまざまな病気の可能性についても調べることができます。

血液学的検査

白血球数、赤血球数、血色素量(ヘモグロビン)などを検査します。

 

主として貧血や血液疾患などの有無を調べます。

生化学検査

尿酸、総コレステロール、中性脂肪(トリグリセリド)、血糖、AST(GOT)ALT(GPT)等を検査します。

 

高脂血症や糖尿病、肝・腎機能障害などが分かります。

血清学的検査

CRP、HBS抗原、HCV抗体など検査します。

 

膠原病、ウイルス性肝炎などの病気について調べることができます。

検査を受ける前の注意

総コレステロールやHDLコレステロールの値は、食事による影響はほとんどありませんが、中性脂肪は空腹時と食後では数値が違います。

 

中性脂肪はLDLコレステロールの値を求めるときにも関係してきますので、食事は検査を受ける12時間前にまでに摂り、以後水やお茶以外の飲食を控えてください。

 

脂肪分の多い食品やアルコールも厳禁です。

 

睡眠は十分に取り、過度な労働や運動を行なうと、検査は別の日に実施します。

CRP(C-reactive protoin)

C反応性蛋白のこと。

 

肺炎などの感染症や心筋梗塞などの組織障害が起こると、血清CRPが上昇します。

血栓

血管内で血液が固まった状態。

 

血管の内壁の損傷や炎症、血流の変化や、血液凝固因子の活性化にともなって起きます。

 

血栓ができると血液がほとんど流れなくなり、体のさまざまな部位に障害が起きてきます。

スポンサードリンク

page top