加齢臭それはある日突然やってきます!

スポンサードリンク

加齢臭を増加する物質活性酸素

このオヤジ臭い元は、「ノネナール」皮脂腺から分泌されるパルミトオレイン酸という物質が酸化したものだといわれています。

 

そしてこれを増加させる物質が、活性酸素です。

 

若い時にはホルモンが活性酸素を抑えていますが、歳とともにホルモンの分泌が減り、ノネナールが増長するのが加齢臭の原因です。

 

首の後からの分泌が一番多いとき、気になる日には、シャワーを浴びる人が増えている加齢臭対策!

 

そして、活性酸素を抑えるのに効果的なほうれん草、キャベツ、小松菜、にんじん、柑橘類、アボカド、アーモンド、卵、牛乳などを積極的にジュースで摂りましょう。

 

紫キャベツ、キャベツ、黒酢

普通の酢よりも抗酸化作用の強い黒酢と、キャベツ、抗酸化作用の色素アントシアニンを持つ紫キャベツで老化防止し、体質を改善。

 

ジュースの材料

紫キャベツ 1〜2枚(20g)
キャベツ 1枚(50g)
黒酢 大さじ1
水 120ml

 

小松菜、にんじん、ヨーグルト、牛乳、はちみつ

若さを保つことが加齢臭を抑えることにつながります。

 

善玉菌を増やし、良質のカルシウムとβ-カロテンをしっかり摂って、体の中から若返りましょう。

 

ジュースの材料

小松菜 1株(50g)
にんじん 4分の1本(50g)
ヨーグルト 50ml
牛乳 50ml
はちみつ 大さじ1

 

にんいくとニオイ消し

焼き肉やキムチを食べた翌朝は、口臭が気になって嫌です。

 

口の臭いは、他の人からはなかなか注意を受けにくい。

 

口が臭いなんて親しい間柄でも言えません。

 

だから、自分で注意しないといけません。

 

自分では何でもないと思ってしまいがちだからこそ気をつけましょう。

 

パセリとミントを食べて口の臭いを消します。

 

パセリやミントを使ってジュースを飲みましょう。

 

匂いのある食事をした次の日や外出前に、ジュースを飲んでから出かけるようにしましょう。

 

パセリ、豆乳

香味野菜として知られるパセリの成分ピネンでにんにくの臭みを分解し、アピオールで口臭の元になる雑菌の繁殖をシャットアウト。

 

ジュースの材料

パセリ 1枝(5g)
無調整豆乳 200ml

 

セロリ、ミント、牛乳

ミントの清涼感のあるメントールの香りを、セロリと牛乳の消臭効果と一緒に摂り、口の中の臭いを消します。

 

スッキリとした味わいで、気分も爽快に。

 

ジュースの材料

セロリ 3分の1本(50g)
ミント 2〜3枝(5g)
牛乳 150ml

 

胃が重い時には

朝起きたときに、何となく胃が重く感じることって無いでしょうか?

 

きっと前日の夜遅くに食べたり、飲んだりしたから罰があたったのでしょうか?

 

ついつい度が過ぎてしまい、食べたり、飲んだりしてしまうことってあります。

 

そして、朝起きてお腹が重いなあって、後悔することしきりです。

 

このようなときに、一番効き目のあるのが、酵素たっぷりの含んだ天然の力です。

 

ジュースにして飲むと、素早く吸収され、酵素がガンガン消化を助けてくれて、スッキリ元気!

 

大根、りんご

大根とりんごの酵素パワーをたっぷり摂って消化を助け、代謝も活発に。

 

そのまま食べるよりもジュースにしたほうが、より多くの酵素を効果的に摂り入れられます。

 

ジュースの材料

大根 厚さ2cmの輪切り1枚(80g)
りんご 2分の1個(120g)

 

ポイント
りんごを多めに入れたほうが、大根特有の臭みと辛味が和らぎ飲みやすくなります。

 

キャベツ、ヨーグルト

胃腸の働きを良くするキャベツのビタミンUとヨーグルトのビフィズス菌で消化力をアップ。

 

さらに、ビタミンC、β-カロテン、たんぱく質、カルシウムとバランスよく摂れます。

 

ジュースの材料

キャベツ 2枚(100g)
ヨーグルト 100ml

 

寝不足のときに

寝不足ほど辛いことは無いと思います。

 

しっかり寝ないと、頭の中にもやがかかってしまったようでいけません。

 

頭の中のもやは、モヤモヤしているだけで始末が悪いです。

 

仕事でミスしたり、といいことは一つもありません。

 

今日1日も無事に終わらせるため、頭をスッキリさせ、体を積極的に動かしましょう。

 

そのためのエネルギーを詰め込んだジューズを飲んで、がんばりましょう。

 

枝豆、酢、はちみつ

枝豆のビタミンB1がはちみつの糖質をエネルギーに変えるとともに、酢の酢酸が目覚めて直ぐの頭をスッキリさせてくれます。

 

ジュースの材料

茹でた枝豆(冷凍) 50g
酢 大さじ1
はちみつ 大さじ1
水 150ml

 

アスパラガス、パイナップル、牛乳

元気の素のアスパラガス酸と、食べて直ぐに糖質をエネルギーに変えるビタミンB1は2つの素材から摂ります。

 

良質なたんぱく質の牛乳と一緒に。

 

ジュースの材料

アスパラガス(太いもの) 1本(50g)
パイナップル 100g
牛乳 50ml

スポンサードリンク

page top