卵巣や子宮を意識する女性の体のリズムを作り出す大切な器官

スポンサードリンク

しわ予防

しわは、顔の皮膚を作っているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などが減ってたるみが出来、その次に起こる老化現象。

 

抗酸化物質を含むビタミンC、ミネラル、女性ホルモンと似た働きのイソフラボンなどを補い、早めの予防が大切。

 

肌の血行をよくするポリフェノールにも予防効果があります。

 

ピーマンとグレープフルーツ、皮膚や粘膜を強くするβ-カロテンやビタミンCをタップリ補給。

 

肌荒れに効果的な牛乳と合わせる。

 

ジュースの材料

ピーマン 2個(50g)
グレープフルーツ 約3分の1個(100g)
牛乳 50ml

 

水分が90%以上で利尿作用があるウリ科のきゅうりとメロン。

 

塩分を調整するカリウムも豊富な2つで、美肌を作ってしわ予防。

 

ジュースの材料

きゅうり 1本(100g)
メロン 約8分の1個(100g)
無調整豆乳 50ml

 

シミ予防

シミは、紫外線などによって皮脂が変化し、角質と結びついて肌の表面に現れたものです。

 

抗酸化作用のあるビタミンCには、紫外線で出来た黒いメラトニンの色を無くしたり、美肌を保つコラーゲンの生成を助ける効果があります。

 

ビタミンCは体に蓄積出来ないので、常に補給が大切です。

 

ビタミンC豊富なグレープフルーツとビタミンの生成作用があるビフィズス菌を組み合わせ。

 

酸味が強かったら、はちみつやオリゴ糖で甘みを付ける。

 

ジュースの材料

グレープフルーツ 約3分の1個(100g)
ヨーグルト 100ml

 

β-カロテンとビタミンCが豊富なブロッコリーに、ビタミンCが豊富なキウイを加え、より確実な効果。

 

ジュースの材料

ブロッコリー 5〜6房(50g)
キウイ 1個(100g)
無調整豆乳 100ml
ジャム お好み(大さじ1)

 

外食主体の場合、どうしても肉や揚げ物などが多くなり、野菜不足になりがち。

 

鮮度の良い野菜のジュースのほうが確実にビタミンやミネラルを補給出来ます。

 

市販のジュースをベースにお好みの野菜や果物を加えてジュースを作る。

 

市販のジュースに新鮮な緑黄色野菜を組み合わせると、味も栄養バランスもグンとアップ。

 

ジュースの材料

にんじん 厚さ1cmの輪切り1枚(20g)
セロリ 3分の1本(50g)
キャベツ 葉2分の1枚強(30g)
野菜ジュース 100ml

 

緑黄色野菜3種類を使ったジュース。

 

毎日飲むと、これだけで野菜不足をしっかりフォロー。

 

ジュースの材料

トマト 2分の1個(100g)
ほうれん草 2〜3株(50g)
パプリカ 3分の1個強(50g)
ジャム 大さじ1

 

慌しい朝の時間に朝食替わりに。

 

朝食を抜いてしまう人も多いとか。

 

これでは、その日1日元気が出ません。

 

朝ごはんの替わりに、腹持ちの良いジュース。

 

大人はもちろん、育ち盛りのお子さんも喜んで、飲むこと請け合い。

 

スプーンで混ぜながら食べて下さい。

 

普段食べているヨーグルトとシリアル。
少し発想を変えて、ジュースに普段と食感が異なり新鮮です。

 

ジュースの材料

ヨーグルト 70g
シリアル(無糖) 30g
水 100g
砂糖 お好み(大さじ1)

 

おやつにも出来るバナナをベースにした美味しいジュース。

 

栄養バランスも腹持ちもいいですので、朝食に最適。

 

ジュースの材料

バナナ 小1本(65g)
ココア 大さじ2
無調整豆乳 120ml
はちみつ 小さじ2分の1

 

栄養バランス

すべての食事を自炊すれば、栄養バランスの摂れた食事が出来ますが、昼は外食、夜も不規則となると、完全にコントロールするには無理があります。

 

1日の食事のうちのどこかにジュースを取り入れ、栄養のバランスを修正しては、緑黄色野菜のほうれん草、良質なタンパク質の牛乳、大腸の善玉菌を増やすオリゴ糖で、栄養を確実にキープ。

 

ジュースの材料

ほうれん草 2〜3株(50g)
牛乳 150ml
オリゴ糖 大さじ1

 

2種類の葉菜と豆乳のジュース。

 

葉菜の仲間同士といってもそれぞれに成分が異なるため、栄養を幅広く吸収出来ます。

 

ジュースの材料

小松菜 1株(50g)
水菜 2と2分の1株(50g)
調整豆乳 100ml

 

梅干の持つクエン酸の酸味と塩気に、セロリの清涼感のある香りにはちみつの甘みの組み合わせが気持ちをスッキリさせます。

 

ジュースの材料

セロリ 3分の1本(50g)
梅干(果肉のみ) 1個
水 150ml
はちみつ 大さじ1

 

シトラス系の香りには、気持ちを引き締める効果があります。

 

ミネラルの豊富なはちみつの甘みを加えて、ビタミンCでスッキリした1日を。

 

ジュースの材料

レモン汁 1個(大さじ4)
水 150ml
はちみつ 大さじ2

 

免疫力アップに効果的な白菜は、グルタミン酸が多く甘いですが、きゅうりと共に低カロリーで、塩分を調整するカリウムも十分。

 

爽やかな香りのレモンを加えてリフレッシュ。

 

ジュースの材料

白菜 2〜3枚(100g)
きゅうり 2分の1本(50g)
レモン汁 大さじ1
水 50ml
はちみつ 大さじ1

 

疲労回復にビタミンCは欠かせません。

 

2つの果物でタップリ摂ってリフレッシュ。

 

同時に免疫力を高め、美肌効果も期待出来ます。

 

ジュースの材料

キウイ 1個(100g)
グレープフルーツ 2分の1個(100g)

 

空腹のまま迎えた朝は、半分チーズとはちみつでコクと甘みをアレンジ。

 

エッグノッグをどうぞ。弱った胃に負担がかからず、消化も良い。

 

ジュースの材料

卵 1個
粉チーズ 大さじ1
牛乳 150ml
はちみつ 大さじ1

 

植物性タンパク質の豆乳と栄養バランスの良いバナナの組み合わせ。

 

子供から高齢者まで幅広く飲め体に優しいジュースです。

 

ジュースの材料

バナナ 2分の1本(70g)
無調整豆乳 100ml

スポンサードリンク

page top