たばこの喫煙習慣が体に及ぼす影響に肺がん、がんのほか循環器細胞に害を与えます。

スポンサードリンク

肺がんの問題

喫煙肺がんの問題

喫煙については、たばこを吸わないようにする防煙。

 

たばこを吸わないようにする禁煙。

 

たばこの煙を他の人が吸わないように喫煙所を設けたりする分煙など、多くの対策が考えられています。

 

たばこを吸うとき、吸い込む煙を主流煙。

 

たばこの火がついているところから直接大気に立ち上る煙を副流煙。

 

たばこの葉やフィルターを通る主流煙より、直接大気中に広がる副流煙の方が、ニコチン、ベンツピレン、ニトロアミンなどの有害物質を多く含んでいます。

 

そのため、日本においても喫煙率は減少に傾向にあります。


今日全体的に喫煙率が減少傾向

女性の喫煙率が増加傾向にあります。

 

妊娠中の喫煙が未熟児の出産、先天性異常の発現など胎児に影響するので、憂慮すべき傾向といえます。

 

喫煙が体に及ぼす影響には、肺がんが上げられます。

 

肺がんだけでなく、喫煙者は非喫煙者に比較し、食道がん、胃がん、膀胱がんなどの死亡率が高いと最近では、がんだけでなく、循環器への影響を重視されてきています。

たばこの燃焼は炎を出さない不完全燃焼

たばこの煙には、高濃度の一酸化炭素が含まれてます。

 

喫煙者の血液中に一酸化炭素が流入します。

 

血管壁の細胞を障害し、動脈硬化を引き起こします。

 

たばこの煙に含まれているニコチンは血管を収縮させる作用があります。

 

喫煙者の虚血性心疾患の死亡率は非喫煙者より高いと報告されています。

 

胃・十二指腸潰瘍による死亡率も喫煙者の方が高いです。

たばこは万病の元

煙が呼吸器に吸い込まれるために咽喉部・器官・気管支・肺などにがん以外の影響を及ぼします。

 

喫煙によって体内で活性酸素が発生しやすい状態にあります。

 

吸い込まれた有害物質が細胞の酸化を促がすため、抗酸化作用の働きのあるビタミンCが大量に消費されます。

 

喫煙習慣のある人は、ビタミンCは体内にためることができません。

 

体内で使われなかったビタミンCは尿として排出されるため、摂りすぎても健康に影響はありません。

 

ビタミンCは余裕を持って摂ってください。

 

喫煙は、正常な細胞ががん細胞に変わるきっかけを作り、その変異細胞を育てるにも血からを貸してしまいます。

スポンサードリンク

page top