でんぷんなどの炭水化物を分解してエネルギーに変えるのに必要です。

スポンサードリンク

ビタミンB1

糖質代謝、神経機能にビタミンB1

炭水化物中の糖質代謝に関与する酵素を助ける補酵素の働きをします。

 

糖質をたくさん摂取しても、ビタミンB1がないと糖質が分解できず、乳酸などの疲労物質が溜まってしまいます。

 

エネルギーにできません。

 

ビタミンB1は、神経機能を正常に働かす役目もしています。

 

神経の栄養分は主に糖分、ビタミンB1は糖質の代謝に重要な働きをしているからです。

 

日本人のような米主体の食生活では、でんぷん質を多く摂っており、アメリカやヨーロッパの人々のような、脂肪分たっぷりの食事の人より、ビタミンB1の必要量が多くなるのはうなずけます。

 

ビタミンB1は、穀類にとっても豊富に含まれています。

 

糠や胚芽の部分に多いため、白米よりも玄米や胚芽精米を食べる方が、ビタミンB1は補給できます。

 

疲れやすい、体がだるくて、仕事がはかどらないと思うときに、ビタミンB1を摂ると元気が出るようになります。

 

逆にいうと、ビタミンB1が不足すると、エネルギー代謝が低下するため、脚気とまではいかなくとも、足がだるかったり、手足がしびれたり、また肩こりや頭が重いといった、潜在性のビタミンB1不足の人は、現代日本人には多いです。

 

ビタミンB1が不足すると脚気になるというのは、知られています。

 

ビタミンB1は、脚気の研究によって発見されたビタミンです。

 

脚気は、末梢神経に異常が起こり、手足のしびれ、食欲不振、疲労などの初期症状から、悪くなると、心臓の機能が低下して、心臓脚気を起こし、死ぬこともある恐ろしい病気でした。

 

お米が主体のでんぷん質の食事をしているアジアで多く見られ、戦前の日本には、患者数が多くいました。

 

なぜ、今、脚気が、というと、糖分が多いジュースなどの清涼飲料水や、スナック菓子、インスタント食品の普及で、食生活に隔たりが出ること。

 

それらの食品から、ビタミンB1が摂りにくいということもあります。

 

糖分をたくさん摂れば、それに比例して、ビタミンB1の多く必要となります。

 

脚気にならないためにも、ビタミンB1を積極的に補給してください。

 

もうひとつの欠乏症、ウェルニッケ・コルサコフ症候群。

 

欧米では、パン食が主体だったためか、ビタミンB1不足でも脚気といった、末梢神経の病気はまれで、ウェルニッケ・コルサコフ症候群と呼ばれる中枢神経の異常が多いです。

 

ウェルニッケ・コルサコフ症候群は、アルコール類の飲み過ぎの人がかかりやすいといわれ、日本でも、少しずつ増えている病気として注目されています。

 

お酒を楽しむ人は、ビタミンB1の摂取を心がけてください。

 

言語障害、精神障害、視力障害、呼吸障害、筋無力症などの神経障害が現われます。

 

アルコールがビタミンB1の働きを妨げてしまうので、長期に渡って酒浸り、食事を十分に摂らないといった生活はいけません。

 

欠乏症や欠乏状態としては、脚気、ウェルニッケ脳症、多発性神経炎、神経障害、食欲不振などがあります。

ビタミンB2

成長促進と脂肪代謝に作用

ビタミンB2は、成長を促進させる働きがあります。

 

不足すると成長が止まってしまうビタミンです。

 

ビタミンB2は、酸素や水素を作ったり取ったりする(酸化還元反応)酵素に深く関与し、体中のほとんどの栄養素の代謝に関係していて、発育・成長に必要なビタミンです。

 

ビタミンB2は、脂肪のビタミンといわれます。

 

ビタミンB2は、脂肪の代謝に作用します。

 

ビタミンB2が不足すると脂肪の代謝がスムーズにいかなくなります。

 

脂っこい食品を食べるときは、ビタミンB2を含む食品をたっぷり摂るようにしてください。

 

母乳にビタミンB2は、たくさん含まれているはずなのですが、母乳にビタミンB2不足があると、子どもの成長障害が生じることがあるので、妊娠・授乳期の方は、注意してください。

 

口内炎・まぶたのかさつきに

口内炎がよくできたり、まぶたや鼻のあたりがかさついてきたら、ビタミンB2不足を疑ってください。

 

ビタミンB2欠乏のとき、初期に現われる症状が、口内炎や口唇炎、口角炎、舌炎、皮膚障害の脂漏性皮膚炎症です。

 

疲れ目や涙目になったときも、ビタミンB2を補給すると、改善されることがよくあります。

 

目薬の中にも、ビタミンB2を含んだタイプが出回っています。

 

ビタミンB2が欠乏すると、倦怠感、疲労感、目の充血、目の異物感、弱視、口唇の発赤、口内炎、ただれ、脂漏性皮膚炎症(顔の真ん中や鼻の周りに脂漏性のブツブツができる)などが起こります。

スポンサードリンク

page top