ビタミンAは「目のビタミン」と呼ばれるように、視覚・視力作用におおいに関係があります。

スポンサードリンク

ビタミンの働き

ビタミンAは脂溶性ビタミン

視覚への影響

視覚への影響には2点あります。

 

ひとつは、夜や灯りのない薄暗いところでも、ものを見ることができる能力(少しの光でもものが見られる能力ともいえます「薄明視」という)に、ビタミンAとたんぱく質の複合体が働いています。

 

これは色とは関係なく、明るさのみを感じる力といえ、ビタミンAが不足すると夜盲症になります。

 

もうひとつは、色彩との関係。

 

人はカラーでものを見ますが、その色を見る力にビタミンAとたんぱく質の複合体が役立っています。

 

上皮組織を正常に保つ働き。

 

皮膚や粘膜といった上皮組織を正常に保つ、全身作用があります。

 

皮膚をはじめ、口から肺、口から肛門まで、外界とつながる組織を形成している細胞が上皮細胞。

 

それが正常に発育し、機能するために不可欠なのがビタミンです。

 

すべての粘膜が硬くなったり、傷ついたりしないような働きをしています。

 

ビタミンAは、体内の細胞が正しく仕事をするのに重要なものといえます。

 

細菌感染率を低下させたり、免疫防御作用も話題になっています。

 

このほか、生殖機能の維持に果たす役割もあり、ビタミンAが不足すると、子どもができなくなるともいわれています。

 

成長・発育にも効果があるとされ、歯や骨の成長に影響があり、子どもの成長に欠かせないビタミンです。

がんや動脈硬化の予防効果も

粘膜を正常に保つ働きががんに対して有効かなのではないかといわれ、特に肺がんを防ぐのにカロチンやビタミンAが効果のあることも分かり、ビタミンの働きを加えて、がんの予防からも不足しないようにしてください。

 

しかし、ビタミンAが脂溶性です。

 

過剰に摂ると、副作用(吐き気、食欲不振、頭痛など)の出る心配があるので、摂り過ぎにも注意してください。

 

ビタミンAは大別して2種類あります。

 

ビタミンAの形に最初からなっている動物性のレチノール。

 

視覚にも、成長・発育といった全身にも関与しています。

 

もう一方が植物性のカロチンのように、体内に入ってからビタミンに変わるもので、プロビタミンAといいます。

 

カロチンには、α(アルファ)β(ベータ)γ(ガンマ)などがあり、効力が高いのが、にんじんなどの緑黄色野菜などに多く含まれるβです。

 

カロチンは、抗酸化作用が知られています。

 

体内の脂肪はエネルギーになるのに酸素まで、酸化されますが、正常な酸化の歯車が狂うと、過酸化脂質を作り、老化や動脈硬化を招きます。

 

細胞膜や遺伝子を傷つけて、がん化を促進します。

 

この酸化を狂わせる物質を、フリーラジカルと呼び、代表的なものが活性酸素です。

 

カロチンは、この有害な活性酸素やフリーラジカルを分解させ、過酸化脂質ができるのを抑える働きをしています。

 

欠乏性としては、夜盲症、眼球乾燥症、皮膚の角化などが挙げられます。

 

ビタミンは特別な食品(食べ物)に入っているわけではありません。

 

あらゆる食品に含まれ、ひとつの食品に数種類のビタミンが混ざり合っています。

 

ある食品にあるビタミンが多いとなると、それさえ食べればよいと思いがちですが、健康な食生活の基本は、必要な栄養素を過不足なく摂ることが大切です。

 

バランスのよい食生活をしていれば、自然にビタミンのバランスを摂れます。

 

病院に行くほどではなくても、疲れやすいとか、体がだるいといった半健康の状態は、潜在的なビタミン不足であることも多いです。

スポンサードリンク

page top